竜頭の滝・戦場ヶ原

竜頭の滝・戦場ヶ原

奥日光三名瀑の一つとされ、華厳の滝、湯滝と共に奥日光を代表する滝に数えられています。男体山の噴火によってできた溶岩の上を210メートルにわたって流れ落ち、幅10mほどの階段状の岩場を勢いよく流れる渓流爆です。滝つぼ近くが大きな岩によってふたつに分かれ、その様子が竜の頭に似ていることからこの名がついたといわれています。滝のふもとにある「龍頭之茶屋」の奥には観瀑台があり、竜頭の滝を真正面に見ることができます。
竜頭の滝の上流には400ヘクタールに及ぶ広大な湿原戦場ヶ原が広がり、自然研究路のハイキングが楽しめます。

名称 竜頭の滝・戦場ヶ原
アクセス 女夫渕駐車場から車で約55分
住所 〒321-1661 栃木県日光市中宮祠
ホームページ http://www.nikko-kankou.org/spot/6/
スタッフ情報

季節の移ろいと共に様々な表情を魅せてくれる滝は、5月~6月は赤紫色のトウゴクミツバツツジが咲き誇りおすすめです。また全国的には暑さも残る場所も多い9月下旬ごろから始まる紅葉は、日光市内で最も早く木々が色づくと言われ、多くの方が訪れます。モミジやシナノキなどに鮮やかに彩られた滝は、日を追うごとに表情を変えていきます。
戦場ヶ原はワタスゲやホザキシモツケが見頃になる6月中旬~8月上旬、草紅葉が美しい9月下旬~10月上旬がオススメです。