川俣ダム・瀬戸合峡

川俣ダム・瀬戸合峡

鬼怒川の最も上流にあるダム。ダム湖の川俣湖水が澄んでいて入り江が多くカヌーツーリングの名所として知られています。また冬は湖面が凍結し幻想的な風景となります。
瀬戸合峡は、ダムの下流約2kmにわたって続く、凝灰岩が浸食されることによって生まれた深度100mにも及ぶ切り立った峡谷で、峡谷内にある川俣ダム正面の岸壁に架けられた吊橋「渡らっしゃい吊橋」からの眺望は絶景で、断崖を真近に感じることができます。
紅葉の名所としても知られ「とちぎの景勝100選」に選ばれています。

名称 川俣ダム・瀬戸合峡
アクセス 女夫渕から車で約20分
住所 〒321-2717 栃木県日光市川俣
ホームページ http://www.nikko-kankou.org/spot/58/
スタッフ情報

川俣ダムから「渡らっしゃい吊橋」橋までは片道約20分ほどの遊歩道をハイキングできます。紅葉の時期の橋からの眺めは絶景です。